裸の王様

体外離脱で宇宙人と交信する社長のもとで働く、神楽坂にある会社の社長室室長が書いているブログ。病気を癒すスピリチュアルヒーラーとの日々の記録。

ハイアーセルフが教える、持続可能な社会でヒーラーが思考すべきこととは?

 

いよいよ週末は、ヒーラー養成ワークです!

 

「上級ヒーリングワーク第3期生」2月講義です!もちろん、研究科の皆さんも講義になります。

 

東京は、立春過ぎて暖かくなってきています!明日も晴れでさらに暖かくなるようです。花粉も例年より2週間ほど早く、すでに飛散しています。

 

どうぞ、お待ちしております!

 

ハイアーセルフと私の関係とは?

先月の講義で、いくつか質問があった内容について書きます。それは、ハイアーセルフと僕たちの関係。

 

社長の話から、こういうことでした!

 

高次元存在と私の関係①
  • ハイアーセルフ=設計者
  • 私(人間)=体験者

 

普段僕たちが体験していることは、実はハイアーセルフがデザインしていること。宇宙的観点から見れば僕たちは、いろいろな体験をするのが仕事なんですね!だから体験がたくさんあると、宇宙は「いいね!」です笑。

 

だから「これやりたい!」「こう生きてみよう!」「こうじゃないか?」は、実はハイアーセルフのデザイン。そのもとで、そう考えさせられているということです。

 

それを、僕たちが受信しているんですね。どこが?それが、「脳」です。

 

脳がハイアーセルフのデザインを受信して、それで僕たちがそれを知覚します。受信は「脳」ですが、知覚するのは「心」です。

 

すると次のようにもなります!

 

高次元存在と私の関係②
  • ハイアーセルフ=高次元の心(魂)
  • 私(人間)=物理次元の心(魂)

 

実はハイアーセルフも僕たちも、「心(魂)」です。心は多次元的に存在しています。それの高次元バージョンでの表現がハイアーセルフで、物理次元(3次元世界)での表現が僕たち人間です。

 

両方とも、心なんですね!魂と言ってもいいです。

 

心を物理次元に落としたものが、人間。物理次元の心を高次元化したものが、ハイアーセルフ。両方とも、心です!(繰り返し)

 

だからだから、さらにこうも書けます。

 

高次元存在と私の関係③
  • ハイアーセルフ=ハイアーマインド(高次元の心)
  • 私(人間)=フィジカルマインド(物理次元の心)

 

僕たちは、あくまでも「肉体(フィジカル)バージョンの心」です。だから心を通して、繋がっています!心が、異次元への通路ということです。

 

ガイドとハイアーセルフの違いとは?

よく言う「ガイド(≒守護霊)」ってありますよね。ガイドとは、ハイアーセルフが僕たちを導くという意味で使います。

 

そういう意味では、下記のような違いがあります!

 

ハイアーセルフとガイドの違い
  • ハイアーセルフ→私(人間)の高次元バージョン(存在としての定義)
  • ガイド→私(人間)を導く非物質の存在(役割としての定義)

 

とても、似ています。でも、使っている意味が違います。存在としては別ではないのですが、使う場所が違います!

 

これは、先月の『トークライブ新年会』「宇宙人が、今伝えたい!絶対に得する秘密、3つだけ教えます!」でも、少し出て来ていた言葉。

 

基本的な言葉ですが、少し補足しました!

 

ヒーラー黎明期としての2020年

さて、上級ヒーリングワークでは、病気や痛みを癒すヒーリングを学びます。

 

僕たちはこれが、いずれは世界中のすべての人たちの健康をつくることの一助になると思っています!夢みたいに思うかもしれませんが、ヒーラーが病気を癒すのが当たり前の未来があります。

 

そのときに、ヒーラー自身がヒーリングをするたびに体力消耗していたら続きません。ヒーリングをするたびにバッシングされていたら、続きません。

 

ヒーラーにとっても、ヒーリングしやすい環境を整備していくことも大切!そう、思っています。今は、その黎明期です。

 

現代社会でのテーマ「持続可能な社会」

現代社会では、「持続可能な社会」を学びますよね。いわゆるサスティナビリティ。これは、ヒーラーにとっても重要なテーマです。

 

今、ヒーリングを学ばれている受講生の皆さんは、猛烈なスピードでヒーリング理論を学んでいます!そして、1か月で300人ヒーリングというとんでもない課題をこなしている真っ只中です。

 

達成したら、凄い!達成できなくても、頑張ってください!どちらにしても、来てください笑。

 

中には、医療従事者の方もいらっしゃいます。まったく逆の立場から、真摯に目には見えない世界を追究するその姿勢と勇気に、感謝します。

 

スピリチュアルな世界観と超スマート社会

ちょっと遡れば、明治維新以降でも特に戦後の工業化(工業社会)があって、20世紀後半からの情報化(情報社会)があって、すでに近年ではスマート化(超スマート社会)まであっという間に世界が変容してきています。

 

超スマート社会は、AIと人間が共生する社会です!抽象的に言えば、サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合した社会です!

 

これが掲げる未来像に、似ているのが今日の内容だと思っています。超スマート社会は、ハイアーマインドとフィジカルマインドが高度に繋がるような事象を、物理次元に置き換えたようなもの。

 

高次元から着想を得たような理想の未来像が、生まれています!

 

これから10年、SGDsで世界が大きく変わる

SDGsもそうですね!

 

「持続可能な開発目標」です。持続可能な世界を実現するために国連が定めた世界共通の17の目標です。貧困問題、環境問題、労働問題、気候変動、平等社会などの節目としてのゴール。

 

期限は、2030年!世界はこれから10年間で、大きく変わろうとしています。

 

もともと国連は「連合国」ですから、戦争がない世界を目指していました。でもその目的はそのまま、新しい課題として地球規模でのSDGsを定めています。

 

先進国である日本からすると主体的に取り組みにくいものもあります。実際に何から取り組めばいいの?という部分では、直接もあるし間接もあります。その振り分けを明確にする必要はあると思います。

 

フードロスが問題になるような日本では、飢餓問題は遠いように見えてしまいます。貧困問題においては、途上国と先進国では比較するベースも変える必要があります。

 

一緒くたにはできない問題になります!しかし、それぞれが相互リンクしている問題でもあります。

 

スピリチュアリストが問う生き方論

そんな時代に、ヒーラー職のような仕事が、なぜ必要なのか? 人生の時間を費やして学ぶ先には、何があるのか? そもそも、ゴールはどこなのか?

 

持続可能を掲げる超スマート社会で、自分だけの目先の利益の追求は矛盾します!企業も、新しいかたちが求められています。

 

ある意味では生き方も、再定義されている時代です!目先のメリットを追うだけでは、難しくなってきます。実はスピリチュアル(精神世界)はそのときに幅広く提案できる分野なんです。

 

ヒーラーも増えてくれば、そもそもの病気の原因を問うことにもなります。フィジカルで解決できない理解できない現象が多いからです。

 

受講生の皆さんは、いろいろな思いで踏ん張っていることと思います!僕たちも、日々思考し答えを探そうとしています。

 

だから一緒に、明日は飲み会で語りたい!(そっちか)

 

半分冗談ですが、これからの時代の潮流と重ねて改めてヒーリングの意義について考えたいですね!もちろん、一緒に。

 

上級ヒーリングワークも後半に入ります!ぜひ、そういうことも考えながら実りのある週末にしていきましょう。

 

ちょっと長くなりましたが、ではでは週末お待ちしていますね!

 

どうぞお気をつけてお越しくださいませ。

 

 

 

「考える」つながりでは、この記事をどうぞ!

これも、AIのシンギュラリティについて考えています!

 

 

 

f:id:wadakazuma:20200214124211j:plain