裸の王様

体外離脱で宇宙人と交信する社長のもとで働く、神楽坂にある会社の社長室室長が書いているブログ。病気を癒すスピリチュアルヒーラーとの日々の記録。

潜在意識に届く3つの言語とは?

これは本日の個人セッションで、ある方にお話しした話です。

 

事業をされている方なのですが、とにかくトラブルが起きる。トラブルが頻繁に起きて、なかなか前に進まない。もっとよくなりたいと願い、では一緒に考えていきましょうとなりました。

 

ただ、まずはこうお伝えしています。「問題が起きない前提で考えないようにしましょう」ということです。

 

ポイント1

物事を、問題が起きない前提で考えないようにする!

 

その方は、日々問題が起きないように起きないようにとして、ずっと問題から抜け出せないでいたんです。でも実際、仕事でも人間関係でもお金でも、問題は起きます。だから問題が起きないことが幸せではないのでは?と一緒に考えていきました。

 

問題は、次へ進むステップへ来たというサインでもあります。ただ、1年前と同じ問題と状況があるようではよくありません。問題も、高度に住み替えていく必要があります。

 

ここでは、どう問題に対応するのか?です。問題にまつわる3項目としては、下記をご覧ください。

 

問題3部作
  1. 問題が起きていないなら、危機管理意識を巡らせ予防する
  2. 問題が起きたなら、迅速にスピードある行動で対処をする
  3. すでに大きな問題になっているなら、逃げ方理論!?

 

ちなみに、2番目については難しいところもあります。その場合は、すぐにその筋の専門家に依頼すべきです。なぜなら、その問題の専門だからです笑。ここは、勝てないですし勝つ必要はありませんよね!

 

そして、「逃げ方理論」については下記をご参照ください^ ^

 

 

問題が起きた。どうしよう。どう対処すれば…そうグルグルしてしまうと、出てくる答えもグルグル。そのときに役立つのが、プラスの質問です。簡単な質問として、

 

プラスの質問
  • 「どうしたら、この状況をよくできるか?」
  • 「この状況を、これからどう活用できるか?」
  • 「他にはどのような方法があるのだろうか?」

 

などあります。上記に共通しているのは、常に解決志向です。「どうしよう」というのは、グルグル思考。目が回ったら方向転換もできません。問題解決に大切のなのは、プラスの質問です。

 

ポイント2

問題解決の方法は、プラスの質問から糸口を探す!

 

コインの表と裏のように問題と答えは必ずセットになっています。裏がなければ表と言えないのもそうですし、黒があるから白さも分かりますよね!同じように、必ずセットです。どんなものでも現象でも、必ず相反する概念があります。

 

だから、こうです。

 

ポイント3

問題と答えは、必ずセットでやってくる!

 

そう考えてみましょう。だから、あとはその方法を見つけるだけ。だからプラスの質問をすれば、プラスの回答がやってきます。でも、それが難しく感じたりします。

 

では、なぜ解決方法が見つからないの?

 

解決方法がなかなか見つからないのは、問題を起こしたのは、その問題を抱えている張本人だからです。問題ど真ん中にいたら、分からないんです。本人が引き起こしたら本人が解決できるはずなんですが、これが難しいんですね!

 

それについて、アインシュタインはこう言っています。

 

アインシュタインの名言

今日我々の直面する重要な問題は、その問題をつくったときと同じ考えのレベルで解決することはできない。

 

問題が問題のままなのは、昨日と同じ今日だからだと言えます。つまり、次の段階へ進むことが大切だと示唆しています。

 

そこで、ポイントとして押さえておきたいのは、まずは潜在意識のはたらきです。なかなか前に進めないのは、実は潜在意識という自分自身の心の領域が関係してきます。潜在意識については本もたくさん出ていると思います。こちらまとまっていますので、よかったらご参照ください。

 


 

ここでは、少しだけ先に進みますね!まず人には、2つの言語があります。

 

心の言語
  1. 顕在意識が理解する言語 
  2. 潜在意識が理解する言語

 

人は1日に6万回思考すると言われます。その思考も言語です。音に出す言語と、思考の言語。合わせて1日に6万回です!それで、大切なのはここです。今ある現状を変えるには、言語を変える必要があります。

 

※ ここでは、「言語」は「言葉」と置き換えても大丈夫です。

 

ポイント4

普段から、潜在意識に必要な言語を意識して話す!

 

どんなに願っていても、使用する言語が違うとどうなるのか?もちろん、バリバリのアメリカ人の方に日本語が通用しないことと同じです。通じないんですね!実は希望通りの願いが叶わないのはこのズレというか、言語のチョイスを間違っているだけなんです。そして、当分どころかずっと叶わない…。

 

では、潜在意識にプラスになるにはどんな言語を話せばいいの?それが、プラスの質問みたいな言葉なんでしょ?たしかにそうですが、根底として、この3つを押さえみててください。潜在意識が理解する言語とは

 

潜在意識が理解する3言語
  1. 感情
  2. イメージ
  3. 現在形または完了形の言葉

 

この3つです。この3つを、普段から使い分けている必要があります。これについて、じっくり話していきました。そのときに、下記のことも考えてみると、望む未来を掴みやすくなっていきます。

 

望む未来を掴むには?
  • 他人の目を気にしない。他人の目を気にすると、どうしても人が見るイメージで生きないといけなくなってくる。イメージは、自分で作り出せる。
  • 感情と論理を使い分ける。論理力がないと人は常にその場の雰囲気で判断をする。論理力を鍛えておけば、必ず現状突破の鍵は見つかるし目に映るようになる。
  • 今日も書いていますが、逃げるときは逃げる。逃げ方理論も大切。中途半端に逃げず、できないことは正々堂々とできないと諦める。手放した瞬間に、次に手にすることが必ずある。
  • 目の前にいる人は、偶然ではない。完璧なご縁で必要があって存在している。であれば、耳を傾けてみよう。そして、相手を見てみよう。人間関係とは、お互いが成長しようとする中にある。
  • 思考の柔らかさは、身体の柔らかさと無関係ではない。思考の整理は、身体を整えることと無関係ではない。身体から整理整頓をアプローチすれば、現実も整理されやすくなる。

 

いくつか挙げました。その中で使用言語を使い分けながら活用していっていただければと思います。

 

僕が12年前にミツさんに出会って衝撃だったこと。いや、ミツさんも何となくだったかもしれません。それでも、いわゆる宇宙人から聞いた話で衝撃だったこと。

 

ポイント5

宇宙には、ルールや原理原則がある! 

 

当たり前のようですが、これは衝撃でした。僕はそれまで、人生とは混沌とした偶然の産物だと思っていました。それが、はっきりとした法則とその実践に対応関係があったんですね!だから、成功にも理由があり、失敗にも理由がある。

 

それを、ミツさんは『現実創造の仕組み』または『現実創造のメカニズム』として教えてくれました。実際にミツさんは、誰よりも宇宙の法則を大事にしてきたように見えます。不思議な人ですが、そこには裏打ちされた法則に沿った生き方があります。

 

参考になれば、と思います。

 

 

 

f:id:wadakazuma:20191107184740p:plain