裸の王様

体外離脱で宇宙人と交信する社長のもとで働く、神楽坂にある会社の社長室室長が書いているブログ

22.潜在意識の声とガイドのからメッセージ

 

潜在意識の声とガイドのからメッセージ

ガイドの声に耳を傾ける

スピリチュアルの世界は、潜在意識の外側にあります。ガイドは潜在意識を超えた領域にいます。そういう意味では、しばしばガイドとコンタクトを取っているつもりで潜在意識の声を聞いている人が多いそうです。

 

潜在意識の性質を冷静に理解しながら、ガイドの声に耳を傾ける。間違っても潜在意識の声をガイドのメッセージと勘違いして振り回されてはいけません。

 

例えば「ワークショップに参加したいけど、今はガイドが止めている」という言葉をよく聞きます。実はこれは、潜在意識の声だそうです。なぜなら、ガイドはサポートしている本人の行動に「制限」をかけて「学び」という成長の機会を放棄することはないからです。

 

潜在意識は抵抗する性質を持っています。それは「変わることへの恐怖」とも言えます。だからワークショップに参加すると劇的に変化して、今のままの自分を保てなくなることを知っているのです。

 

潜在意識が持っているデータを見れば、ワークショップに参加した後の変化を知ることはたやすいことです。パワーが強力なワークショップであればあるほど、潜在意識は抵抗します。

 

ワークショップ参加お申し込み後に起きる変化

ミツさんのワークショップでは参加者にもたらす変化は凄まじいものがある反面、それを察知して必死に潜在意識が抵抗する参加者もいます。それはワークショップが始まる前から、申し込みをした段階から始まります。

 

 

申し込み段階から体験する変化に、ガイドからの仕掛けである場合もあります。ワークショップに参加を決めたのをきっかけに本人のモチベーションは上がるので、ここぞとばかりにコンタクトを取ろうとしてくるのです。

 

よくあるのは、「リアルな夢を見るようになった」というものです。これは参加者が普段ガイドからのコンタクトに気付かないので、ガイド本来の所属領域である非物質の世界で姿を現すのです。だからその夢の中には、必ずガイドからのメッセージが隠されています。

 

これ以外にもガイドはいろいろな形でコンタクトを取ってきます。届けたいメッセージを何かの媒体を使って届けたり、本人が持つ本来の力を見せようとしたり、スムーズに参加できるようにお膳立てをしてくれたりします。

 

ガイドのサポートを受ける方法

ガイドはいつもサポートしてくれています。もしそれを感じられないのであれば、ガイドをサポートする意図を持つことです。

 

ミツさんはよく、「サポートしようと思った瞬間に、サポートされる」と言っています。ガイドと自分は協力関係にあるので、ガイドが自分をサポートしてくれるように、自分もガイドをサポートするのです。自分の成長はガイドの成長であり、ガイドの成長は自分の成長なのです。

 

ガイドも自分も、その領域の「ルール」に則って存在しています。「想像できないような自分を創造するのは、ガイドとの協力が必要なんです」と教えてくれました。

 

 

 

f:id:wadakazuma:20200205154411j:plain

 

前の記事は、こちらから。

次の記事は、こちらから。

 

全26話は、こちらから。