裸の王様

体外離脱で学んだ、失敗と挫折から抜け出す異次元ブログ。

「無料でできるMEOの新規集客術」今すぐ役に立つ人生戦略メモ35

  • Googleマップとは?

 a.Googleマップができてから、15年が経過。

 b.ユーザーからの情報提供数/日は、2千万件。

 c.アクティブユーザー数は、10億人。

 d.情報掲載店舗数は、2億件。

  • Googleマップで検索する人の20%がローカル情報。Googleマップはただのナビゲーションではなく、体験を見つけるツールに日々変化している。

 

  • Googleマップがない世界(ゼンリンなど)
  1. 人海戦術
  2. アップデートの限界
  3. 高い利用料

 

  • Googleマップ制作チーム20人(当初)がやったこと
  1. 収集…ストリートビューカーにて情報収集をする。
  2. 統合…写真を取り込み、地図への統合をソフトで自動化する。
  3. 更新…画像認識で変わった場所を自動認識で検出し反映する。

 

  • Googleの一番優秀なエンジニアは、地図や位置情報を扱うGEOチームに集まっている。ハーバード大卒より凄いと言われている。
  • 通常、地図はどこからどこに行くという位置情報しかなかった(Point to Point)。Googleマップはその間にある興味(Point of interesting)である店舗情報や施設情報を掲載するようになった。
  • 自動運転がはじまるので、GoogleはGoogleマップに一番力を注いでいる。
  • ただのカーナビから、持ち運びができるモバイルに変わった。
  • Googleマップは、世界25億人のユーザーがいるアンドロイド端末から情報を取っている。
  • ローカルガイドは、1日2千万件のユーザーが使っている。いい情報も悪い情報も、どんどん貯まっていく。

 

  • なぜ、ぐるなび最終利益8割減になったのか?
  • ぐるなびはユーザーが減っている。食べログも1年で2,300万人もユーザーが減っている。直接検索できるGoogleマップやインスタグラムにシフトしている。
  • 情報サイトでの検索が、より手軽で信頼のおけるサイトへ移っている。

 

  • Googleマップを集客に使うメリット
  1. エリアと業種で検索する人が74%がMEOをクリックする。SEOの検索ランキングではなく、MEOのGoogleマップ。
  2. 目的意識がはっきりしている人への集客に役立つ。「茅ヶ崎 カフェ」は、今すでに行こうとしている人が検索する。
  • MEOはトップにならなくても、10位以内に入ればいい。優先順位としては「マップ掲載」「比較対策」「掲載順位」。
  • 実は一番タップされるのは6位。スクロールしてちょうどいい位置に来る。