裸の王様

体外離脱で学んだ、失敗や挫折から抜け出す異次元ブログ。

「資本主義社会の本質と情報社会を生き抜くサイクル」今すぐ役に立つ人生戦略メモ88

  1. 令和の情報スピードに取り残されるな
  2. TVを捨てろ
  3. 情報に触れろ
  4. 情報主義社会を生き抜くサイクル

 

  • ニューヨークタイムズの1日分の情報は、18世紀の人の一生分の情報に匹敵する。スマホ1台で1日で読む情報は、平安時代の人の一生分の情報。でも、脳のサイズは変わっていない。情報のスピードが変わった。
  • ゴシップネタは人生に関係ない。資本主義社会で大切なのは、自分の人生を豊かにする情報は何かを見極めること。テレビは一方通行だから、ネット検索で調べる。受け身の情報の時代は終わって、情報は取りに行く時代。
  • 世の中にある90%の情報は、過去2年間でできている。情報がべき乗で増えている。継続して情報に触れ続ける必要がある。時代は進化するから、情報にもついていかないといけない。
  • お金持ちになったのは、情報に触れた量が人より多かっただけ。平安時代の人間が令和時代の人間についていけるわけがない。
  • 資本主義社会の本質は、行動した人が勝つということ。アイデアに価値はない、情報に価値はない、アウトプットに価値がある。

 

  • お金を稼ぐのではなく、信頼を集める。信頼を集めるために、人を集める。人が集まる場所は、情報発信によって生まれる。このサイクルを理解する。
  • お金は、自分が与えたものに対する感謝や引換券。
  • 現代は、資本主義社会ではなく情報主義社会。日経やNewsPicksくらいは読む。