裸の王様

体外離脱で宇宙人と交信する社長のもとで働く、新宿神楽坂にある会社の社長室室長が書いているブログ。病気を癒すスピリチュアルヒーラーとの日々の記録。

スピリチュアルは「学ぶ」から「今日からすぐに使う」時代へ【社長語録(前編)】 〜潜在意識の2つの引き出し〜

 

次は、社長語録だ!

前回までの3部作から、番外編いきますね!

社長の言葉をそのまま届けようと、社長語録です。多少意味などを変換していますが、メモからピックアップして書いていきます。

 

簡単な解説つきで読んでくださいね^ ^

 

潜在意識の古い引き出しと新しい引き出し

潜在意識のまわりに、スピリチュアルがあります。

だから潜在意識をコントロールできるようになって、はじめてスピリチュアルをコントロールできるようになります。

 

スピリチュアル領域の法則と潜在意識の法則を混同しないようにしましょう!宇宙の法則を地球に住んでいる僕たちに当てはめると、多少の補正が必要です。

 

1つ例を取れば、「ガイドが止めている」という言葉をよく聞きます。「ガイド」はスピリチュアルの存在で、「止める」のは潜在意識の性質です。

 

今日という一歩目がヒーラーとしての10年後に繋がります。

一番大事なのが今日。今日で、すべてが決まるのです。

 

入口で、すべてが決まります!

 

途中でエンジンかけるより、マックスで一歩目を踏み出してスピードが落ちる方がいい。ロケットの打ち上げも、質量の8割が燃料です。

 

つまり、打ち上げの加速が大切です。

 

精神集中されているかどうかが大切です。

はすに構えていてはダメ。そのためにお金を払っているわけではないですから。

 

「本当なの〜? 」「見えたら信じるけど…」では、ダメ。

 

ヒーラーになると腹を括っているならば、受け入れた方がいいです。僕も疑って疑って疑って…で、相当な時間を費やしました。

 

いつかは折れるので、早めに決断を!笑

 

潜在意識は「今」を壊そうとしています。

だから一番大変なのは今日です。聞いたことがあっても、その情報を運用するのが難しいのです。

 

「分かる分かる〜!」って、声が聞こえそうです。

 

でも「知っている」と「できる」は日本とブラジルくらい遠いんです笑。「分かる」「知っている」「聞いたことがある」と、情報を古い引き出しにしまわない。

 

「運用する」とは、「使う」ということです!

 

今まで治らなかった方がヒーリングで急に治ると、ぐらつきます。元に戻ろうとします。

お金で難しいのも、同じ。稼ぐことではなく、持ち続けることです。

 

パッと病気がよくなっても、パッと戻ることがあります。潜在意識は変化を嫌い、現状を維持しようとするからです。

 

持っていた重い荷物を、急に手放す。嫌だ嫌だ言っていたのに、なぜか物足りなく感じる。

 

人の気持ちは、不思議です!それも、潜在意識の仕組みによって理解をしていきましょう。

 

潜在意識をコントロールした上で、宇宙のエネルギーフィールドにアクセスできます。

 

エネルギーフィールドは、アカシックレコードとも言えます。

 

「遍く存在する無限の叡智」と言ったらカッコよすぎですが、宇宙には無制限取り放題の情報があります。

 

宗教も文明もなくなった未来で残るもの

ヒーリングは、イメージのテクノロジーです。

 

イメージは、作用する!

 

講義で原理原則としてお伝えすることです。イメージは現代では、「何となく」のものと認識されますが、実際には「イメージ工学」です。

 

未来テクノロジーは、イメージの産物です!

 

イメージさえできれば、ヒーリングはできるようになります。

 

読者の皆さん、ぜひ「リンゴ」をイメージしてもらえますか?

 

それができれば、「ヒーリングをする」ということに支障はありません^ ^

 

そもそもヒーリングは、断りたい。

しかし逆だったら、受けてほしい。

 

社長は、よく言います。「逆だったら、どう思う?」と。

 

1人でも多くのヒーラーが誕生することによって、救われる病気や痛みがあります。もちろん役割分担ですが、それぞれの稼業や専門分野で役に立っていきたいですね。

 

子どもの大火傷が、大学病院でもう一生治らないと言われました。だから、自分がやろうと思ったのです。

12年前に宇宙人から「将来はヒーリングをやる」と言われて、それでもやらなかった。やらないと、いつかやるハメになります。

 

実は社長でも、ヒーリングをすることには恐怖心があったようです。

 

12年前に宇宙人から、病気や痛みを癒すという青い再生ペンをもらいました。今思えば、あのときからヒーラーとして進む道もあったのかもしれません。

 

体外離脱で文明が終わった後の未来に行きました。そこに宗教はありませんでした。

あったのは、「祈り」です。

 

いずれ人類自体が「宗教」というシステムに頼らなくなります。その昔、人は自身に秘めた創造性を認められず、神としました。

 

しかし「祈り」は、残ります。強いて言えば自分自身に「頼むよ」と。

 

「ヒーリング」という技術を見てほしいです。

僕を見ると、悪者になる。僕だけができるというのを、外してください。

 

「あの人、凄い能力だよね!」

 

そういう時代は、終わりました。権威性や権力での支配ではなく、誰でもできるだけの情報がオープンソースになりつつあります。

 

現代科学では理解を超えるイメージと妄想の正体

好奇心を持ってください。

無邪気じゃないと、イメージの毛根が潰れています。頭が遊んでいない。遊んだら、奇跡的なことをやっているはずです。

 

「イメージの毛根が潰れている」って笑、強烈〜!ワカチコワカチコ!

 

能力は身につけるのではなく、遊んでいたらできているはずだと。スピリチュアル能力は、「身につける」ではなく「思い出す」ということが近いです。

 

皆さんの敵は、「常識」です。

常識との戦いです。

 

常識とは、真実ではなくただのフレームです!

 

スピリチュアルなワークショップに参加するというのは、ご家族やご友人の反対や心配もあると思います。だからこそ、一歩進んだ時点で「常識」は破壊されています。

 

ならば、次の「常識」を破壊しましょう!例えば、「できない」とか。

 

皆さんが「治そう」と思っているのは、そのリアリティがあるからです。

イメージできることは、あるから掴める。ないものは、イメージも触れることができない。

実体のアクセスが、「イメージする」ということです。

 

別リアリティにすら実体がないものは、イメージすらできません。

 

皆さんの日々の思考は、実はパラレルリアリティへのアクセスの連続。一瞬で飛ぶので、分からないだけです。

 

イマジネーションは設計図の中にしか存在しません。イメージできないことは、コントロールできないのです。

皆さんの一歩先は、無限の未来。どこに行くのかは、テンションが決めます。

 

未来を決めるのは、神様でも環境でもなく、自分だと。「ワクワクする」「なんかな〜」と、テンションが常にベクトルを変えています。

 

未来は、変えられます!

 

なぜ、妄想とするのか?

それは人智を超えているからです。「証拠がないといけない」というガチガチの考えです。

 

「妄想しちゃって〜」ってありますよね。あれは現状と離れすぎた概念だから、そう片付けているだけです。

 

あとは、そうなりたいのか?です。

  

社長が宇宙人やガイドからメッセージを受け取る理由

いやいや、ちょっと長くなりますので後編もつくります!

 

それにしても社長の話は本当にワクワクしますね。そういえば12年前、社長はガイドだか宇宙人だかに聞いたことがあるそうです。

 

なぜ、僕にばかりそんなに映像ばかり見せるのか?

 

そう聞いたみたいなんですね。スピリチュアルな存在からのメッセージなり、なぜいろいろ送ってくるのか。当時はまだ不思議に思っていたのですね。

 

そうしたら、こう言われたそうです。

 

なぜ、僕にばかりそんなに映像ばかり見せるの?

それはあなたが、いつも喜びに溢れているからです。

 

たしか、そんなことを言われていたと思います。

 

社長って、本当に子どもみたいにいつも無邪気にワクワクしているんですね。これはスピリチュアル能力を身につけるだけではなく、人生を楽しむコツなんだと思います。

 

皆さんは、毎日ワクワクしていますか?

 

『裸の王様』では、引き続き皆さんがワクワクするような情報を共有していきますね!ではでは後編へ続く^ ^

 

 

 

 

 

 

f:id:wadakazuma:20210119103453j:plain

 

f:id:wadakazuma:20201024125800j:plain