裸の王様

体外離脱で宇宙人と交信する社長のもとで働く、神楽坂にある会社の社長室室長が書いているブログ

新型コロナウイルスの「未来予想図」と今起きている人生の「パラダイムシフト」

 

新型コロナウイルス問題を長引かせる「ステルス性」

新型コロナウイルス感染症の抗ウイルス薬として、レムデシビルが国内初の治療薬として承認がおりましたね!これは、アメリカで注目されてきたエボラ出血熱用の治療薬です。

 

しかしこれも、抗ウイルス薬の決定版ではありません。重症化すると厳しい状況に変わりはありません。

 

新型コロナウイルスは、症状が出にくいステルス性を持っています。これが、非常にやっかいとされています。

 

新型コロナウイルス感染症については、軽症者と潜伏感染者に加えて、無症状感染者までいます。感染が見つかりにくいステルス性が、感染拡大をしてしまっているんですね。

 

自覚症状が比較的弱くても、調べると各所の検査値が低いこともあります。そうすると、突然重症化してしまったりします。

 

こんな状態が続けば、なかなか病院にも行けないですよね!診療する病院も分けないと、感染症対策は非常に難しいところがあります。

 

まだまだ続く、ソーシャルディスタンス

緊急事態措置は、39県で解除されましたね!まずは、少し前に進んだように見えます。でもあくまでも避けるべきは感染爆発なので、対策を強めたり弱めたりはこれからもあるはずです。

 

ポイントは、何を捨てるか?

 

医療崩壊を抑えるために、今回は経済活動を控えざるを得ませんでした。緊急事態措置を解除したので、今度は逆に近づいていきます。両立しながら対策を講じるということはできず、バランスしながら講じるしかありません。

 

つまり、完全にリスクをゼロにすることはできません。難しいですね!恐怖心を煽ってもよくないですし、メディアがそれを伝えないと感染は拡大する傾向にあるし。

 

最終的には、抗ウイルス薬の登場を待ちながら、それがなくてもできるかぎり安全を確保して生活していくということになるでしょう。

 

政府では、2022年まではソーシャルディスタンス(社会的距離)を保った社会になると予想しています。

 

人格化した新型コロナウイルスの性格とは?

社長は、4月1日から7日間に渡って開催した『新型コロナウイルス感染症対策』の緊急333ヒーリングで、新型コロナが人格化した存在と対峙したそうです。

 

ウイルスも意識存在。だから、人格化して捉えることができるんです。不思議かもしれないですが、ウイルスも人格化します。それが、とっても凶暴らしいのです。珍しく社長も「危険だ」と言っていました。

 

その中で7日間の緊急ヒーリングをやり遂げ、今は次の一斉遠隔ヒーリングに備え身体を変えている最中だとのこと。人数も、10~20万人やっていく前提で宇宙人から訓練を受けているようです。

 

新型コロナウイルスは、何をするか分からないスピードのはやさがあります。手を打たないといけないですね。

 

そう言った社長は、これから起きる突然変異を危惧していました。どうやら、まだまだ新型コロナウイルスは姿かたちを変えていくようなんです。

 

体外離脱で視た未来では、合計3回の突然変異をするようです。つまり、4種類の新型コロナウイルスがあるということです。

 

前里社長からあなたへのメッセージ

ここで、音声動画『今を生きる ~こんな時こそ~』から、社長が言っていた大切なことをまとめますね!

 

起こすべきアクションの指針を探している方に、分かりやすい情報となっています。

 

社長からあなたへのメッセージ
  1. 重症化すると肺炎になっていたのが、突然変異で急性脳炎になる。脳を守ろう。
  2. 潜在的なストレスは、弱い部分にいく。身体には危機意識があるので、事前に癒した方がいい。
  3. ここ1~2年は、障害を持って生まれる子どもが多くなる。IQが低く生まれる子どもも多くなる。妊娠しようと思っている人は手を打った方がいい。
  4. 新型コロナウイルス問題は、強制的リセット。合わないのに我慢してもよくないから、コロナ離婚はいいきっかけ。
  5. 仕事を嫌々やってきた人は、クビになる。好きな人は、もっと伸びる。好き嫌いで、二極化していく。
  6. 強制的リセットがかかっているから、どう生きていくかが大切。会社を辞めてもいい。お金も使えばいい。勉強をした方がいい。
  7. 問題が収束した後、企業はもっと人員削減する。問題は収束しても、人生が待っている。どう生きていくのかを考えた方がいい。
  8. パラダイムシフトが起きているから、これまでの延長上の未来はやってこない。何をやっていいのか分からない人が95%だから、手を打ったほうがいい。
  9. 持っているものを使えば仕事になる。自分の中にある「宝の地図」を見つけて、どこに行くのかをはっきりさせることが大切。
  10. 外出自粛といっても、行動自粛とは言っていない。イマジネーションは自粛してはダメ。
  11. 今変わらなかったら、来世まで変わらない。一気に手遅れになるので、手をはやめに打った方がいい。
  12. 自粛で気が落ちている。24時間体制で元気がないと、気づかないうちにテンションが下がる。
  13. 卑屈にならず、動いてほしい。今まで以上に自由と豊かさを求め感動を求めてほしい。人生のギアチェンジをする。
  14. 国や政府やお店の批判を言っても仕方ない。その考え方を改める。自分でサバイブする(生き抜く)ことが大切。
  15. 人生が向上しないと思っている人は、抽象度が低いだけ。生きる意味は自分で見つけるが、協力者は必要。
  16. ヒーリングでエネルギー状態を変えると、内面から考え方も変わる。人生は、目には見えないエネルギーから変えた方がいい。
  17. 本当のストレスとは、何をしたらいいのか分からないこと。何をやるべきか分かっていれば、ストレスは発生しない。
  18. 能力が素晴らしいのに、今までこんな程度かということが多い。今は、自分の人生を生きるタイミング。
  19. 宇宙人は、人間の脳力を活性化するために存在している。それを聞こうとしないと、ヒーラーが代理でやることになる。
  20. 大きすぎるパワーは、自分では気づかない。望むなら、それを引き出し、分かるようにすることができる。

 

この危機をチャンスと捉えて、人生のギアチェンジをしましょう。

 

人生は、負けた日からはじまる

社長が何度も何度も訴えていたのは、「手を打ちましょう」ということでしたね!

 

ところで、ちょうど昨日ある男の子と話す機会がありました。お母様とお話しする中で、僕たちと一緒に宝の地図を探そうとなった25歳の男の子です。

 

それで、いろいろ社長が調べたら…めちゃくちゃ名前が素晴らしくて、姓名判断で見ても言霊で見ても、残念ながら最高の未来しかない笑。

 

どんなにこれまでの人生で負けていても、絶対に逆転できる!負けても、逃げても、いい。信じている仲間がいれば、いつか立ち上がる日が来る。

 

僕も、いろいろ負け続けた経験があります!それを拾ってくれたのが、今の社長です。だから、命の恩人です。

 

一真くんの負けた経験は、大きな財産だよ。そして昨日までの一真くんは、どうだっていいんだ。

今日からどうするのか?

それが大切だからさ。

 

そう、12年前に社長は言ってくれました。その言葉を胸に、僕は少しずつ人生に光を探し始めました。

 

今日は、日曜日!仕事しちゃいけないという、あの日曜日です!僕は、会社からこちらを書いています!笑

 

明日から、また素晴らしい1週間がやってきます。

 

夕暮れ時に、これいいんですよね~♪

ぜひ、聴いてみてください。

 

ではでは、楽しいひとときを^_^

 

 

 

 

約50倍高密度の100人セッションまで、あと5日!


 新型コロナウイルス感染症対策の要点まとめは、こちら!

 

 

 

f:id:wadakazuma:20200517170054j:plain