裸の王様

体外離脱で宇宙人と交信する社長のもとで働く、神楽坂にある会社の社長室室長が書いているブログ

14.ガイドに応える

 

ガイドに応える

見えない人には必ず理由がある

4日目の夜は「アセンション」について話しました。僕はあまりよく分かりませんが、アセンションについては船井幸雄氏の本から「意識の次元上昇」だと理解しています。

 

ミツさんは望む人全員が知覚の拡大をして欲しいと思っています。そして、その能力を何に使うのかを考えています。いつも言うのは、「1人で宇宙旅行してもすぐ飽きますよ。これを何に使うかですよね」ということです。

 

そして僕はと言うと、人工的な知覚の拡大でビジョンが「見える人」と「見えない人」の決定的な違いが分かりました。それはスピリチュアルの世界では理解されないことかもしれませんが、見えないには必ず本人に理由があるのです。誰の責任でもありません。

 

学びよりも体験が意識を変える

僕はいつかビジョンが見える日を信じて努力をしてきました。僕の場合、たまたま自分でヘミシンクのワークショップをたくさん受けることができる環境を作ることができたのでいいですが、大半の方は思い切ってまとまった休みを取って、意を決してワークショップに来るのだと思います。

 

また、ご結婚されている方においては、家族の了解を得て大金を払って来るのですから、結果を出さないで家に帰る訳にはいきません。大金を払って「何も体験できなかった」では、2度と来れないかも知れないからです。

 

全員がビジョンを見えるようになれば、ヘミシンクを実践する人やモンロー研究所やその代理店のワークショップへの参加者はもっと増えるはずです。1人ひとりが確実な体験ができるのであれば、どんな啓蒙活動よりも一気に多くの人の意識をシフトチェンジできるのではないでしょうか。

 

ガイド同士の立ち話

今では僕は「見えない学び」なんてないと思っています。ミツさんがいつも僕のガイドを通してビジョンの見方や見えない理由を教えてくれるからです。ミツさんに脳の工事を頼んだのも僕のガイドでした。

 

また、ミツさんはモンロー研究所のプログラムに参加中、参加者のガイド同士が立ち話をしている場面を見ました。お互いの情報交換や相談をしていたそうです。ガイドが忙しそうに走っているのも見ています。ガイドとはそういう存在なのです。それを知ってしまったら、「ガイドの期待にどうにかして応えたい」と思うのはごく自然な流れの感情です。

 

 

 

f:id:wadakazuma:20191109123605j:plain

 

前の記事は、こちらから。

次の記事は、こちらから。

全20話は、こちらから。