裸の王様

体外離脱で学んだ、失敗と挫折から抜け出す異次元ブログ。

「STP分析の先をいく集客戦略」今すぐ役に立つ人生戦略メモ21

  • セグメントとターゲットの徹底理解
  1. 消去法ではないのでビジネスの勝率が上がる。
  2. ビジネスの軌道修正の方法が容易になる。
  3. 利益の最大化ができる。

 

  • セグメント=変数を考慮しながら市場を分割すること。
  • 最小予算で最高効果にするために、セグメントを分ける必要がある。飲み屋市場を、ニーズによって資本金と事業資金を日本酒・ワイン・ビールのいずれかに特化する。
  • ニーズがあるから参入すればいいわけではない。市場を分割しても存在する市場かを変数に基づいて決める必要がある。

 

  • 市場を決める4つの変数
  1. 人口変数…年齢・年齢層
  2. 地理変数…地域の気温・気候
  3. 心理変数…新旧の志向性
  4. 行動変数…使用頻度の高低

 

  • 老人が多い地域におしゃれなエステサロンを出さない。郊外に整体が多いのは、老人が多いから。世帯・職業・性別・年齢などによってコンセプトを変更する。
  • オフィス街のお店にお米を置かない。住宅街の居酒屋を立ち飲みにしない。地域に基づいてお店のコンセプトや品揃えを変える。
  • LOHAS(Lifestyles of Health and Sustainability)・地球環境・オーガニック・ベジタリアンなど、メンタルアカウンティングを重視したビジネスを展開する。
  • タクシーに乗り心地を求めるか、スピードを求めるか。ロイヤリティやベネフィットを求めるか。毎回リピートする人か、新しいお店を開拓する人か。

 

  • 既存のSTP分析は古すぎて使えない。セグメントで市場を分割するのに、さらにターゲットを絞っても意味がない。
  • 美容院市場をセグメントで分割すると、カット・カラー・トリートメント・スパ・セット・相談などに区切られる。
  • ターゲットは、セグメント区分を選ぶ根拠を示すための要素。セグメントをカットと決めた後で、ターゲットを絞る(年齢・性別・年収・住居)のは意味がない。