裸の王様

ヒーリングで病気を癒す不思議な社長のもとで働いていた、体外離脱をする僕の異次元ブログ。

「競争から抜け出すブランディングスキル」今すぐ役に立つ人生戦略メモ3

  • 商品を売りたいのであれば商品を売らない。

 

  • Marketing=特定の人に「あなたが好きです」を伝えること
  • Advertising=不特定の人に「好きです」を伝えること
  • PR=他の人に「あなたが好きみたい」を伝えてもらうこと
  • Branding=向こうから「あなたが好き」と言ってもらうこと

 

  • ブランディングさえあれば他はいらない。「好き」と言われる人間になること。
  • ブランディングがないと負のスパイラルにはまり事業は続かない。価格競争→サービス競争→自社コスト→利益率低下→コスト削減→PR削減→シェア低下…
  • 競合を把握するが、競合をつくってはいけない。「○○だが○○ではない」と明確に断言する。Googleの収入の90%は広告。広告会社だが広告会社ではない。

 

  • 価格設定の基本図。適正価格を把握する。売上より、キャッシュを残す。一番売上が上がっている箇所ではなく、一番利益が高い箇所の値付けをする。
  • 「1杯500円のカフェラテを、どう1,000円で売っていくのか?」がビジネスの楽しさ。美容師も髪を切っているだけなら1,000円で5,000円には違う価値がある。
  • 相場には価値はない。付加価値をつける。相場価値を付加価値まで引き上げる。ブランディングとは、付加価値を伝えたり体験させること。
  • ブランディングとは商品やサービス以外のものをPRすること。商品を売りたければ商品をPRしてはいけない。YAMAHAピアノ教室戦略はピアノを売りたいからピアノ教室を開催した。売りたいのであれば、一歩手前の売り方のブランディングが大切になる。
  • 空間付加価値、商品付加価値、サービス付加価値の3つ。サービス付加価値が唯一お金がかからないでできる。